内科:睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群

家族に、いびきが大きい、息が止まっていると言われたことはありませんか。昼間の眠気はありませんか。睡眠時無呼吸症候群は、放置すると、高血圧、脳卒中、不整脈、糖尿病の危険性が増すことも知られています。睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合は、適切な早期の検査と治療が必要です。検査・診断には終夜睡眠ポリグラフ検査を行います。当院では自宅でできる簡易検査を導入しています。

睡眠時無呼吸症候群

検査結果をもとに治療法を決めます。

体重コントロール、生活習慣の見直しとともに

経鼻的持続用圧呼吸療法装置 口腔内装具(マウスピース)
耳鼻科での外科手術  

などがあります。